とりあえずの独り言

このブログでは興味があることについてつらつら書き連ねるブログとなっています。お時間あるときにでもどうぞ~。

ATRを考える

ATRの信憑性はいかほどに?というので最近ちょっと使っては見ている。

www.sevendata.co.jp

しかし、これは結構曲者でちょっと上がってきているな?というところであまり上がらず、下がったなといえばまた買えず。

結局はチャートにそって買えば良いということか。

しかし、その通りで買っていれば今頃株取引をしている人たちは全員億万長者である。

株は難しい。

エリオット波動を考える

以前エリオット波動にそって取引してみて大きな波がくる!と思って取引したらナイアガラにあって以来信用していない考え方だがもう一度考えておこうと思う。

www.fxdaylogic.xyz


大抵チャートはこのギザギザをこなしながら上昇下降を繰り返して、、、、

というような銘柄は安定銘柄もしくはだいたいチャーチストによって描かれている幻想にすぎないような気がする。
それに個人投資家がほいさっさと寄ったところを見計らって攻撃してくる。

我々のような弱小投資家はもろくも餌食になる。

ただエリオットは順張りで欲をかかなければそれなりに儲けはでる。
しかし、大きな波が来い!くる!と思い込み、結果、ドボンが多い。

1波あたりで利確できれば最高なのだが、、、


株は難しい。

6862 ミナトホールディングス 平成31年3月期 第2四半期決算短信を考える

6862のミナトホールディングスについてはこちらの記事で前回少し触れた。
kumawan.hatenablog.com

今回決算短信についてちょっと見てみる。。
ミナトの決算短信
https://www.minato.co.jp/wp2018/wp-content/themes/minato/libs/ir/financial/63/181109.pdf

営業利益がぱっとみ芳しくないが他はなかなか良さそう。
一般的に営業利益がないと本業ができていない。クソ会社だから株価はさがります!
とか、
あーここもうあかんな、、、
とか書かれるのが一般的。

営業利益、売上総利益を考える。

www.takumi-tax.jp

ついでにCFも検討する。
orekabu.jp

ミナトの決算短信
https://www.minato.co.jp/wp2018/wp-content/themes/minato/libs/ir/financial/63/181109.pdf

とまあ、確かに営業利益は前年と比べ悪い。

が、今回始めて株主優待を出し、販管費に計上している。これがいくらかがミソとなるが最大でも2700万くらいであろう。
それを加味すると前年対比としてトントンである。目先の営業利益の数字が悪くてここはだめと思うのは禁物であるが、なぜこのタイミングで優待を発動したのか、営業利益が悪くなってしまっても出す意味は?と考えないといけない。ここは中長期ではかなり有望と見ているが、短期ではどうだろう?と思う。見る角度、見る時期を見定めないといけないとつくづく思う毎日。

株は難しい。

上場廃止基準を考える。

上場廃止基準という言葉を聞くたびにぞっとする。
自分の持ち株が上場廃止になったらどうしようかと。
過去に上場廃止をくらっているのでヒヤヒヤもんである。

東証上場廃止基準は以下の通り。
www.jpx.co.jp

なあ、これは誰が見てもそうだよね、といえる内容である。

しかし、ちょっと気になったのがJQの業績基準。
www.jpx.co.jp

HPにはこう書かれている。

JASDAQ業績基準の概要
JASDAQ上場会社は、5年連続で、営業利益及び営業キャッシュ・フローが負(マイナス)となった場合は上場廃止となります。
(規則)有価証券上場規程第604条の2第1項第2号、同第604条の4第1項第1号
先立って、4年連続で営業利益及び営業キャッシュ・フローが負(マイナス)となった時点で、東証上場廃止の猶予期間入りを公表します。

営業利益及び営業CFが連続でマイナスとあるが及びとは両方という意味だったのであろうか?
whatimi.blog135.fc2.com

ここを見れば「かつ」という意味っぽいので、片方がプラスで片方がマイナスなら連続は回避したという意味でOKなんだろう。と思う。

上場企業もそう簡単には廃止になってたまるかと言わんばかりに財務を調整すると思うから投資をするものも気にしながらみないといけない。じゃあ、そんなあぶなっかしい企業の株買うなよと言われそうだがそれはご愛嬌で。

株は難しい。

RSIを考える

RSIを指標として考える。

RSIの内容はここがわかりやすい。

baibull.net

RSIが、
20%から30%を下回ると、「売られ過ぎ」
70%から80%を上回ると、「買われ過ぎ」
が一般的である。

だが、結局そこに行くまでに相場が終わり、損切り、もしくはチキン売りをしているのが常である。

ここでも結局同じように書かれている
www.avatrade.co.jp

抜粋すると
・RSIが70を超えて数値が大きくなるほど、買い勢力が勢いづいている。
それをきっかけに相場が加速度を付けて上昇してくることを想定する。
・同時に、利確売りが出てきやすい。トレンドの中盤以降では利益確定売りが特に出てきやすいので注意。
・そして一気に天井打ちムードになり、そのまま下がる。
つまりRSIを正しく使うためにはトレンドの初期なのか、中盤なのか、終盤なのかを見極める。
・RSIを注意信号と捉えると、RSIが注意信号を出した後に、価格がどう動くかをしっかりと確認する。
価格の動きに合わせた売買が必要。

この価格に合わせた売買が重要なので、これができればオシレータ系もトレンド系もいらない。

人間上昇基調ならまだ、大丈夫だろうと安堵感が出てしまう。私もその一人、その御蔭でストップ安を年に4回も経験している。欲をかかなければ年間収支は1000万はあったものの、逆マイナスである。
それほど売り時期は難しい。

チャートも大事だが、欲をかかないことも大事である。
エリオットの2波がきた!だの、押し目だの言っている間にストップを食らったので最近はどれが主流かを考えるようになってきている。

株は難しい。

6862 ミナトホールディングス どんな感じよ?

6862 ミナトHD

 

f:id:swingedge11:20181108182031j:plain

財務も悪くないが、本業での稼ぎが悪い。

だらだら下落のパターン。

2018年5月に優待券の発表。

ミナトHD優待券の詳細

現在東証JQに所属。時価総額現在約27億。株主数は3100名くらい。

ん〜、どこに向かおうとしているのか、赤字から黒字転換は評価できるが優待を出してどうしたかったのだろうか?

株価は下落のパターンから脱却できてないし、打開策もだしていない。取引量も少なくなり閑散相場。

とりあえず材料待ちといったところか。しかし、軽い分ドーンは大きいと思う。がだらだら下落のチャートはいただけない。

やるならヨコヨコを維持しないと。11/14あたりが一目のねじれだが、ここの決算は11/9日。11/14はいろんな銘柄が集中する日である。スコーンといってほしいものだ。

 

 

 

 

5216 倉元製作所 再考

ここを保有して少し調べてみたのだが、確かに財務はボロボロ。

当初は大きい会社だったようで、震災前から陰りが見え始めた模様である。

 

震災後は毎年赤字、疑義注記もついてしまっている。

f:id:swingedge11:20181108182508p:plain

ただ、絶妙なタイミングで中間で黒字を出しているのもこれまた妙味。

f:id:swingedge11:20181108182513p:plain

宮城の栗原市に構えている企業だが、工場売却やらでなんとかしのいでいるみたいだが、

2018年2月に減資をし、8000万の資本金の中小企業となったのである。

企業再生ではよくやることだが、通常だとこんだけ赤字が続けば諦める会社も多い。

しかし、企業存続を続けようとする姿勢は評価できる。

だが、問題は収益ビジネスを何にするか、だ。

工場も売却し、ガラス基板だけでは難しい。

そこで、きになるのが子会社だ。

倉元マシナリー

ここでH29.6.19 :   平成29年度 「JAXA航空技術イノベーションチャレンジ」(事業継続) 採択。 

とある。

 

平成29年度「JAXA航空技術イノベーションチャレンジ」継続審査の結果について

確かに採択になっている。ただ、ビジネスになるかと言えば程遠い。

平成28年度「JAXA航空技術イノベーションチャレンジ」の概要

委託費も100万ほど。
けど、夢があっていいと思う。ダメな会社はとことん勉強しない。
上場を維持しようとする姿勢、勉強しようとする姿勢は評価したいし、下町ロケットみたいになってほしい気もする。
あとは、諦めないリーダーなら良いのだが2017年にこんな協議会の中に名前がある。
代表理事になっているようだ。赤字続きなのにこんな協議会立ち上げて大丈夫か?と思うがビジネスチャンスをもらうために必死なのか道楽なのか、前者であるなら勉強し続ける会社は必ず再生すると思っているので、こちらにかけたい。
 
あとは、10月中旬よりパートも採用し始めたようだ。
f:id:swingedge11:20181108182523p:plainf:id:swingedge11:20181108182519p:plain
よって頑張る企業、頑張ってほしい企業と思うので保有継続するとする。
 
 

 

5216 倉元製作所

20180920 意味不明なストップ高

20181106 意味不明なストップ安

9/20の出来高は少なめ。

11/06の出来高は年1,2の出来高。(まだ、今日のが反映されてない、、)

f:id:swingedge11:20181108182039j:plain

チャートはまだ崩れていないような気がしないようなないような。

短期では大陰線で包んでしまったけども。。

f:id:swingedge11:20181108182025j:plain

 

キャッチコピーについて

キャッチコピーについて私もキャッチコピーを考えなければならない時があります。

きまって、糸井重里さんを思い出します。


【糸井重里】コピーライターの心に響く名言集

有名なのが

続きを読む